置き場の台風対策

先日作った置き場の囲いですが近日中に台風が来るそうですので補強を行なうことにしました。
補強の行なう箇所は当然門扉になります。
補強を行なうといっても門扉に閂(かんぬきと読むみたいです)を取り付ける作業になります。
昨日は朝から雨が降っていましたが今日か明日には台風の余波が来るみたいですのでとりあえず、作業に明け暮れてしまおうと考え作業に望みました。
作業としては単管パイプで作った扉ですので単管パイプを直行クランプで繋いで引っ掛け部分を作ってあげるだけなのですが外壁に当たる部分を貫通させないといけないのでその壁部分に穴を開けないといけません。
その穴を開けた先が道路ですのであまりはみ出ないように気を配る必要もあります。
そんな中いつもは作業をやるときは発電機をレンタル会社さんから借りてくるのですがこの日が祭日と言うことを忘れていました。
そのため単管を調整する為には単管をグラインダーで切断するのですが置き場には電源が無いので単管パイプを切ることが出来ません。
しょうがないので切断する材料を車に載せて家に帰って切断しました。
その後、全て閂のベースを取り付け完成。
しっかり門扉も固定できました。

また、表側に倒れないようにワイヤーで引っ張り込みをより強化し内側からの巻き風に対しての対策も実施したのでこれでだめならもだめだと思います。
これでしばらくは置き場の作業も一安心できそうです。
しばらくは滞っていた内勤作業を進めて行きたいと思います。